御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« ネコとヒト | トップページ | _はじめまして »

2008年4月19日 (土)

続・ネコとヒト

なかなか信じて貰えないのですけれど、うちのネコたちは家族を大切にしてくれます。

わたしが体調を崩して寝ていると、私の布団のところまで大好きな猫草を鉢ごと持ってきてくれたりしたこともあるのですよ。Pic00009
まだ随分小さい頃なのに、かなりしっかりとした重い鉢を部屋中を泥まみれにしながら、私の隣まで運んで来てくれたのです。きっと、自分達が調子悪いときに、それを食べると楽になるから私に食べさせようとしてくれたのだと思います。

「ねこのきもち」を講読しています。 毎回可愛い写真が満載で楽しいのですが、良く出ておられる獣医の先生で、猫がそのような(私のために草を持ってくるような人間的な)行動をとることに否定的な見解ばかり述べておられる方がおられますが、あまり学問的な根拠も示しておられませんし、失礼ながら、信じる気になれません。

私が子供の頃、ワクワクしながら学んだ科学の常識のうち、今では否定されているものって実は非常に多いです。

ネコについてヒトはまだまだ理解できないないのではないかとつくづく思います。

« ネコとヒト | トップページ | _はじめまして »

コメント

うちの猫とは大違いですね。
うちの猫は、勝手気まま。
自分の都合のいい時だけ寄ってきます。
猫ってそういう生き物だと思ってました。

そういうのがいわゆる「猫らしさ」だと言われてますし、もしそうだとしてもそれはとても愛らしい属性だと感じます。

でも、私が子供の頃に共に過ごした猫も、いま私の家族である猫達も、何だか随分と人との関係を大切にしてくれるのですよ。

わたしには猫も徐々に人との関係をより密接なものに変えてきているように思えてならないのですよ。

猫の話、今日始めて見ました(^。^)
面白いですね~
家の子が飼いたいと言っているが、
実はアレルギーがあって、だめなんです。

動物だって人間と同じだから、相性でしょう。
うちの母が犬タイプの人間で良く吠えるんです(~_~;)
昔から「猫は身勝手」と言っていましたので、
近所の猫をじっと観察して、
そんな事もないなと思った事がありました。

猫ってじっくり観察して接し方を決めているから、
むしろ利口だと思うのよね~
確かに誰にでも尻尾振るわけではないので、
尻尾を振られない人には面白くないでしょう。

エサをやるからなつく訳でもないし、
飼っているからって、その主を認める訳でもない、
周波が合うかどうか、愛情があるかどうか、
その点はすごく敏感だと思うんです。

のんきんぐさんはそらくんとよっぽど相性が良くて、
日常の生活から愛情を感じあい、
認め合っているんだね。

だって、体調を崩したところに猫草を運んでくるのを、
家族を大事にすると思う感性があるんですもの。
うちの母は、
「こらー!人が具合悪い時に何をするんだよ、
良くも部屋を汚してくれてー!
ワンちゃんは駄目って言ったら覚えるのに、
猫は人間の気持ちが分からないのかー、
野良にするぞー」
といいます、きっと・・・(~_~;)
いや、憶測ではなく、
昔似たような事件があったから、そう思います)^o^(

実は私は猫アレルギーも持ってます^^;

空気清浄機とアレルギーを抑える錠剤で何とかもっています。

お母様のご対応は一見キツイようにも見えますが、案外、仲良し親子の母親って、子供にそんなこと仰ってたりするような気もします。
ヽ(^o^)ノ

そらはすっかり成長して、猫としてはかなり大きくなりました(肥満は全くしていません)。柴犬の成犬でも、そらより小さい犬もいるのではないかと思います。

姿はもはや、『ネコ科の成獣』といった趣なのですが、お顔は愛かわらず仔猫のときのままで、私と妻には昔と同じように甘えます。
なんだか、ますます可愛いですよヽ(^o^)ノ

もちろん、弟の「くう」も負けず劣らず可愛いですヽ(^o^)ノ

のんきんぐさん、こんばんは。
今夜はこちらにお邪魔します。
うちには4匹の猫と、1匹の犬がいます。
そりゃあもう毎日大騒ぎで、落ち込む暇がありません。
仰るとおり、なかなか信じてもらえない事ですが、やつらは私達を遊び仲間と考えているようです。
一番新入りのキジトラ(♂)は、いつもの古いタオルを「狩り」してきて、”これあげるから、遊ぼう!”と物欲に訴えてきます。そして年上の三毛猫(♀)に岡惚れしてます。もっとも、そのキジトラ、ニューハーフなんですが。
座ると自分の脚が隠れて見えないデブ猫(♀)と、二十歳を超えたババネコ、この4匹は私達を家族というか、仲間として認めてくれているようです。私が仕事で疲れている時だけ、私の腕を延々と舐めています。毛繕いしているんですね。
彼らは私達をすっかりお見通しです。私達がもめている時には絶対遊ぼうとしません。
猫に限らず、動物達は言語を持っていませんが、それはヒトより劣るのではなく、必要としていないんですね。そう思うと、人間って不便で、傲慢で、大したことはないなと思い知らされます。

そして彼らは、私達がそう思っている事を知っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・ネコとヒト:

« ネコとヒト | トップページ | _はじめまして »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村