御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« 強度だけが残るのだ | トップページ | もみじマーク義務化の何がヘンなのか »

2008年5月25日 (日)

本当に役立ったトレード書籍

何だってそうなんだけど、本屋に並ぶチープなHOW TO本は実は一番難解な本だと思う。

読者のレベル如何に関わらず、実際には何の役にも立たないものが多いのだ。

IT系書籍なんか安易に買うものじゃないですよ。
いまや原典は全てWeb上にあるといっても過言ではない。
本屋に並んでいるIT系書籍は、Web上にあって無料で閲覧できる情報の一部を抜き出したものに過ぎない。
しかも、少なくとも8割以上は著者の理解不足のため間違いだらけである
はっきり言っておくけれど、これは極めて控えめな数字で、多分9割といっても嘘じゃないと思う。

私もIT系ライターの経験があるから、その内幕は良く知っているのだけれど、多くの著者はその手の間違いだらけの著作を寄せ集めて原稿を書いていたりするのだから間違いだらけなのは当たり前。

どんな情報も原典に近いものに真剣に取り組むのが結局一番楽なのだ

余計な嘘に振り回されないで済む。それに、そもそもそれが嫌ならば、そのジャンルに関しては決してプロを目指してはいけないのだ。絶対に無理だから。

さて、いきなりタイトルから外れた話をしてしまったが、トレードの書籍に関しても同じことが言えそうだ。

私もまだまだ未熟であるため、トレードに関してはWeb上から十分な情報を得るには至っていないのだが、少なくとも日本の本屋に平積みされている売れセンのトレード書籍は、より原典に近いトレード書籍の劣化版に過ぎないということが良くわかった。

もちろん例外はある。しかし、いずれにしても、まずは世界的なトレーダーの著作を読んでみるべきだ。

残念ながら、日本のトレード書のレベルがいかに低いか実感させられてしまうだろう。

トレードに関する話題を書きたいと思いつつ、何から書けばよいのかわからずにいたのだけれど、とりあえずは、「これを読んで勝てるようになった」と私が思う書籍を中心に簡単な書評を書いてみることから始めてみた。

興味のある方は、ぜひこのブログの左列の書評を読んでみて下さい。

« 強度だけが残るのだ | トップページ | もみじマーク義務化の何がヘンなのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に役立ったトレード書籍:

« 強度だけが残るのだ | トップページ | もみじマーク義務化の何がヘンなのか »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村