御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« もぐりのダイバーは潜るのか? | トップページ | 恥ずかしい話 »

2008年7月 5日 (土)

カリスマ・デフレーション

昨日の記事の続きみたいな内容です。

カリスマ美容師という方が散々もてはやされたことがありました。
多分、最初は特定の一人を指していたような気がするのですが、あれもカリスマ美容師だこれもカリスマ美容師だと次々にあらわれ、挙げ句にはオリジナルのカリスマ美容師が実は無免、つまりモグリの美容師だと判明するような顛末もありましたよね。

この一連の流れは、最早どこをどうツッコンでいいのかわからないぐらいツッコミどころ満載なのですが、今回はこの後さらに続いたムーブメントについて考えたいと思います。

「カリスマ○○」の大流行です。

「カリスマ経営者」「カリスマ社長」あたりは、カリスマ美容師以前から耳にしましたし、いくらか(実はこれでも「いくらか」です。カリスマの本来の意味はWikipediaででも調べて下さい)正当な表現だと思いますが、カリスマ調理人・カリスマ主婦・カリスマ読者まで来ると、もう何だか良くわからなくなってきます。

ちなみに「カリスマ読者」として鮮烈なデビューを遂げたのが、叶姉妹でした。
覚えておられましたか?

さて、ここまでカリスマだらけになって来ると、さすがにカリスマの価値も下落します。
「あの人こそ平成のカリスマだ」なんていわれても、最早、「小学校3年生の時、学級委員だった」といわれた程度のインパクトしかありません。

この「カリスマ○○ブーム」の前、日本におけるカリスマといえば、大政治家、一大教団を築きあげた宗教家、あとはもう松下幸之助さんクラスの大企業家なんかのイメージでした。事実、歴史に名をきざんだ方ばかりでした。

「教祖」なんて連中はそもそも人に対する影響力があってナンボの職業なので、「教祖」という言葉は殆ど「カリスマ」と同義に使われていたのですが、カリスマの価値下落もありーの、教団絡みの様々な事件ありーので、最早、マイナスのイメージのほうが強くなってしまったきらいさえあります。

でも、そんな教祖の中にも、きっと本当の偉大な宗教家はいるはずなのです。

胡散臭い似非教祖とハッキリ区別のつく呼称を考えるべきです。

ハイ、考えました。

カリスマ教祖

ああ、カリスマじゃない教祖って。
でも、考えてみりゃ、king of kings もこれと大してかわらんかも。

« もぐりのダイバーは潜るのか? | トップページ | 恥ずかしい話 »

コメント

カリスマ・・・流行ったね~w
友達も「○○にカリスマ美容師いるんだって~一緒に行こうよ~」って言ってたことあったな~w
私は興味なかったので断りましたがw
噂を聞きつけた人でなかなか予約も取れず
だったらしい((笑´∀`))ヶラヶラ

 マスゴミさんにかかればなんでもインフレしますからね。
 つか「カリスマ」ってことばを使ってるひとの八割は「カリスマ」の意味知らないんじゃないかな? 「チョー有名」程度で使ってると思う。

 あれってホントは「カリズマ」らしいですね。
 でも日本語的にしっくりこないから、和製で「カリスマ」になったらしい。なんだかなー。

>美鈴

多分私もその場に居合わせたら、「興味ないから断る」という行動を選択してしまったと思うけど、そういう時はミーハーになって体験しとくのもいーなーと最近思うようになってきた。
ヽ(^o^)ノ

>ろぷさん

あれ?インフレ?
そっか、ろぷさんはカリスマ自体を量っていて、私はカリスマを尺度にしたわけか。
ヽ(^o^)ノ
いや、ほんとね。日本人は基本的に聖書教養がないし、読書離れがすすんじゃって、マックス・ウェーバーも読まんからねー。
別にキリスト者じゃなくても、聖書ぐらい通読しとけば西洋文学も洋画も海外ドラマももう少し楽しめるのにねー。
ヽ(^o^)ノ

あしあと残しますぅ

本当のカリスマはギレン総帥クラスですよ

カリスマってもう言葉既にすたれてきてないかい?
叶姉妹がカリスマ読者?って知らないけど・・!
元は読者だったのん?
でもセレブにある事は変わりないよねぇ~!
いったいあの人達はどこからそんなにお金が入ってくるのか?って不思議ではあるけど!
カリスマの次はどんな言葉が来るのかねぇ~!
うふふ♪ (* ̄ー ̄)v

>さんぴん太郎さん

確かにあの手のが、一昔前の一般的日本人の用法における”カリスマ”のイメージですねー
ヽ(^o^)ノ

>ともたん

すたれてるヽ(^o^)ノ
あれだけ使いまくったらカリスマという言葉に価値がなくなっちゃいますからねー。
むしろ、安っぽい印象を受けるぐらい。

その後多少なりとも流行らされた概念でやすっぽくなったものといえば、「お嬢様」とかもそうですね。
いま「お嬢様」というレッテルで登場する人物は架空でも現実でも「成り金の娘」という印象の女性が多い。
もっと最近だと「セレブ」がまさにそう。とっても安っぽく聞こえるし、セレブと呼ばれて「そんなレッテル勘弁してくれ」といわないで喜んでいる人たちがとってもチープに見えます。
ヽ(^o^)ノ

はじめまして ムーミンといいます。叶姉妹がカリスマ読者ってなんでしょうか・・・。知りませんでした。あの方たちはなんであんなにお金持ちなんでしょうか・・・。芸能界でも立ち位置がわからない。女優さんでもないし、歌い手さんでもないし。まあ あの肉体に衣装にと普通ではないものをお持ちですから芸能人たるゆえんになるのでしょうか・・・。って関係ない話ですみません。

ムーミンさんはじめましてヽ(^o^)ノ

ちょっと雑誌名は思い出せないのですが、某ファッション誌の読者写真をモデルとして紹介するコーナーで圧倒的な存在感を誇り、「スーパー読者」「カリスマ読者」としてもてはやされたのが、有名になるきっかけだったと思います。

まぁ、一般人の中にあの人たちが金に糸目をつけぬお洒落をして混じっていたら、そりゃ目立ちまくったでしょうね^^;

それ以外の彼女らに関する情報は全く知りません。
ヽ(^o^)ノ

(*゚∀)ノ.。・:こんにちは*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚
ほんとに次から次へとよくわからないカリスマ○○さんが出てらして| ̄m ̄) ププッ
カリスマやらリーダーやら。。。
踊らされないようになくては!
叶姉妹はいったいどこまで突き進んでいくんでしょうか(=^m^)
でも見ているぶんにはおもろ~~~(・∀・)9  
ポチ(。`・ω・)ノΩ

rinさん今晩はヽ(^o^)ノ

「○○王子」なんてのも流行りましたねー。
いわれたヤツが一番恥ずかしいだろーなー
ヽ(^o^)ノ

叶姉妹はミカさん(漢字わからん)のほうはスタイル以外は結構普通っぽいけど、キョウコさんのほうは強烈ですよねー。
ヽ(^o^)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリスマ・デフレーション:

« もぐりのダイバーは潜るのか? | トップページ | 恥ずかしい話 »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村