御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« Google検索第一位の実力! | トップページ | カリスマ・デフレーション »

2008年7月 3日 (木)

もぐりのダイバーは潜るのか?

「もぐりの~」という表現があります。

大雑把にわけて2つの意味があるのですが、そのうち一つは無免許・無認可で仕事をしている人を指す表現として使われます。
手塚治虫の「ブラックジャック」なんてまさにそれですね。
医師免許をもっていないブラックジャック先生は、しばしば「もぐりの外科医」と蔑まれます。
ブラックジャック先生の場合は免許を持っていないだけで腕前は超一流なのですが、逆に、全くの素人が玄人集団にこっそり混じっている場合に、この素人を指して「もぐり」と呼ぶこともあります(成り立ち的にはむしろ、こちらの用法が先にあったのだと思います)。

例えば、ワインなんて飲んだことない癖にワイン通の集いに参加したりすると、話が通じなくてたちまちバレて「あいつはモグリだ」ということになります。

ところで、私はダイビングというものをしたことがありません。
この私がダイバーのフリをしてダイバーさんの集会に参加した場合はどうなのでしょうか?

「あいつ、モグリだぜ」

とやっぱり言われるのでしょうか。
なんだか、むしろ、とっても潜ってそうで、ダイビング経験豊富そうに聞こえるかも。
いっそこっちが「潜ってるのはお前らやろ!」とツッコミを入れたい気すらしてきます。

「もぐりのダイバー」というのは日本語としては真っ当な表現なのですが、なんだかププッと笑えるおかしさがありますよね。

逆に「もぐり」の印象が強調される例としては、「もぐりのサーファー」があげられるでしょう。
これはもう、全然波に乗れてません。
すぐにボードからおっこちて、ブクブクともぐってばかりです。
ただ、いわゆる「陸(おか)サーファー」とは違って、果敢に波に挑んでいる姿には男らしさを感じます。

以前、知人と公園を散歩している時、池に実に綺麗なマガモがいたのですよ。
それを見た知人はそのマガモを称賛しようとして、こんなことを口走りました。

「うーん、いいカモだ」

本人は褒めたつもりですが、隣できいている私としては、「この人は鳥を相手に何をたくらんでいるんだろう」ってなもんです。

これなんかも、「特定の表現の中においてのみ認められる単語の特別な意味」と「本来の単語の意味」を混同することから来るおかしさだという意味において、「もぐりのダイバー」と共通するものがありますよね。
ヽ(^o^)ノ

« Google検索第一位の実力! | トップページ | カリスマ・デフレーション »

コメント

モグリねぇ~!
モグリに値するかは分からないけど~!
情報商材売ってる人達はモグリとは言わないのかな?w( ̄△ ̄;)w
のんきんぐさんみたいにプロ中のプロが売るならまだしも素人が売ってる訳じゃん!
のんきんぐさんみたいに中身の濃い役立つ物なんて売って無いもんね~!

ところで
このモグリのお話はダジャレ使用?
(*≧m≦*)(*≧m≦*)(*≧m≦*)ぷぷ

▽・w・▽君だぁ~!

初めまして、こんばんは

いつも私の駄ブログに訪問頂きありがとうございます

もぐり・・・
もぐりアングラーの私ですが、勢いだけでタマタマ釣れてます(汗)

生憎“カモ”にはなりませんが・・・(笑)

のんきんぐさんこんばんは
私も一応はブレナーです。
リセールライト商材を売ってるだけなので、その業界は素人です。
思いっきりもぐりの「インフォブレナー」ですね。

もぐりに限って腕の良い奴なんですよねー(^_^;)

のんきんぐさん、こんばんは。

私なんぞは、モロにもぐりですよ!
非公式のプログラマですから……。
マイクロソフトMVPがもらえたら公認になれるかも!

 僕は、マガモを「きゃー、かわいいー♪」という女性にかぎって鴨鍋が大好きであるという確信をもっています。いや記事とは一ミリも関係ないですが。

「モグリ」は、無免許の海女さんなんかだとすごそうですね。モグリはモグリでも装備なしでモグリですからね。なんちゅうか「伝説の海女」みたいでカッコイイかもしれない。ウニを捕りまくってそう。

>ともたん

えー、褒め過ぎーhappy02
それに、私はエンジニアとしてはプロだけど、販売は素人だよーhappy01

>もりぱぱさん

コメントありがとうございます。
もぐりアングラーですか?なんか水辺関係「もぐり」がつくと一様にブクブク感満載ですな
ヽ(^o^)ノ

>あんろっくさん

インフォプレナーのモグリってなんだかあんまりイメージ湧きませんhappy01
アントレプレナーって、どんなに成功してもそう呼ばれるものなの?
起業段階だけがプレナーなのかと思っていたので、いってみりゃ「全員モグリ」だと思ってました。
ヽ(^o^)ノ

>影斬さん

ここにも自称「モグリ」さんがヽ(^o^)ノ

プログラマの各種資格なんていい加減なものです。
外注を依頼する際に、資格なんて全く当てにならないし、当てにする気もないです。

実際に仕事をできるのが良いプログラマーであって、影斬さんは十二分に優秀なプログラマーさんだと思いますhappy01

>さんぴん太郎さん

つまり、もりぱぱさんもあんろっくさんも、影斬さんも「腕がいい」ってことですね。
ジャンル的に影斬さんしか評価できないけれど、当たってるかもー。
ヽ(^o^)ノ

>ろぷさん

「いいカモだ」といった彼女も多分鴨鍋好きだと思うけれど、それについては違和感ないですね。

モグリの海女っヽ(^o^;)ノ

これはもう、お題的には座布団3枚ですね。
もう、「どんだけもぐるんだ」の世界。

ヶラ((´∀`*))ヶラ((*´∀`))ヶラ
使い方がややこしいようなw
説明聞けば意味はわかるがいきなり言われたら
???ってなりそうねw
いいカモだ には笑っちゃったw

まぁ確かに見事なマガモではあったのだけど
ヽ(^o^)ノ

でも考えてみたら、「いいネコですね」もあんまりいわないね。

犬の場合は、愛玩犬に対して「いいイヌですね」は言わないけれど、番犬や猟犬に対して「いいイヌですね」は普通に言う。

馬なんかだと「いい馬ですね」はごくごく普通。

ようするに、言葉は悪いけど、「実用に供するか否か」がポイントのようですね。

その意味で、「いいカモだ」はやはり、食べようとしているとしか思えない。
ヽ(^o^)ノ

こんばんわ!
思わずクスっと笑っちゃいました。
なるほど、先入観とか自分が
どういう風に聞いてるか、使ってるか
で、違うように聞き取れてしまったり
間違ったりしちゃいますね!

笑っていただけて何よりですっヽ(^o^)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512895/41724881

この記事へのトラックバック一覧です: もぐりのダイバーは潜るのか?:

« Google検索第一位の実力! | トップページ | カリスマ・デフレーション »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村