御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« 教わりました『ブログ村』 | トップページ | テクニカル分析入門(2) »

2008年8月13日 (水)

テクニカル分析入門(1)

ちょっとブログ書く時間がとれないので、以前書いたものの、アップするかどうか迷っていたものを順次あげていくことにします。 初心者向けのトレード入門ですが、いまのところ『テクニカル分析入門(3)』までストックしてあります^^;

なんかもっとわかりやすくしたいなぁとは思っているのですが・・・。

先日、『システムトレードの話』と初心者向けの『テクニカル分析入門』の話を分けて書くという方針を発表したものの、中々時間がとれずまだ一つも書けていませんでした。

そろそろ入門編の方を書き始めてみようかと思います。

『テクニカル分析』なるものが、一体どういうジャンルの話なのかさっぱりわからない方の方が多いのではないかと思います。これはトレードの手法の一つなのですが、そもそもトレードなるものも良くわからない方も沢山おらるでしょう。

無謀にも『全くの初心者でも理解できるところから書く』という目標を掲げておりますので、『トレードとはなんぞや』あたりから、消化不良にならないよう、少しずつ解説してみようと考えています。

従いまして、テクニカル分析の話はしばらく出てきません。
早くて(3)、遅くて(5)辺りからといったところでしょうか。

さて、このブログでは、「トレード」という言葉を相場取引の意味に使っています。
この用いられ方は相場の世界でなくとも既に一般的な用法になっています。

ご存じの通り、本来、「トレード」は取引一般を指す単語です。野球チームが選手を交換するのもトレードですし、店で物を買うのだってトレードです。

相場の世界におけるトレードも、実は同じ意味だと考えて差し支えありません。

お金を出して何かを買う。
何かを売ってお金を得る

ただ、それだけの事なのです。
なのですが、実は一つだけ他のトレードとは大きな違いがあります。

スポーツ選手のトレードはチームにテコ入れするのが目的ですし、買い物は欲しい物を入手するために対価を払う行為です。

しかし、相場の世界におけるトレードの目的はたった一つ。

『お金を稼ぐこと』

これだけなのです。

相場でお金を稼ぐ方法は何通りかありますが、もっとも代表的な稼ぎ方は極めてシンプルです。

『安く買って高く売る』

ただこれだけです。
これだけなので、つまるところ、いくらなら安くいくらなら高いのか、それを見極めることが出来ればもう絶対に負けないことになります。

より正確に言えば、「これから値が上がるか下がるか見極める」ことこそがトレードの核心部分です。
「値が上がるか下がるか」のことを「値動き」と言いますので、よりシンプルに次のようにまとめておきましょう。

  1. トレードの目的はお金を稼ぐこと
  2. 値動きを見極めることこそがトレードの核心

消化不良を恐れていますので、最初はこんなところでヽ(^o^)ノ

GOODJOB

« 教わりました『ブログ村』 | トップページ | テクニカル分析入門(2) »

コメント

読んでてもチンプンカンプン( ̄▽ |||)アハハ、、、
この辺は私には向いてなさそうだ凹〇コテッ

ふみーヽ(^o^;)ノ

多分、まだ内容が簡単すぎるからじゃないかなぁ・・・。

当たり前のことしか書いてないから、「わかった!」という気持ちになれないだけじゃないでしょうか?

あ、それとも知らない用語でひっかかってしまうのかな?

例えば「相場」なんて単語が出るのがいけないのかな?

こんにちは。
私にはここらへんから始めて頂けると抵抗がなくてとても良いと思います。
勉強させていただきマース!

相場取引・・・???わからない^^;
トレードって株とはまた違うもの?

株のこともわかんないけど(・ω・;A)アセアセ…

nikoさん

ありがとー!ヽ(^o^)ノ
んじゃ、続きもアップしますね。

美鈴

なるほどなるほど。

見慣れない用語でつまずくわけですね。
実のところ「飛ばし読み」しても差し支えないレベルなんですが、それなら用語を用いずに書くほうが勝りますね。

とっても参考になりました。

近いうちに誰でもスンナリ読めるように書き直しますね。

あ、一応補足しておきますが、トレードというのは株式取引も含みます。ただ、それ以外の先物取引や為替取引、FX(外国為替証拠金取引)なんかもひっくるめた概念になります。

それから、今回理解して欲しいのは、最後のまとめの部分だけです。この2点さえ、「ああそうなのか」と納得していただければ、十分に合格です。

φ(`д´)メモメモ...!
ハイ!分かりましたー!
相場でのトレードはある意味
こちらに有利な不平等を
頑張るって感じですかね~~(;・∀・)
合ってますかにゃ・・・?

「こちらに有利な不平等を頑張る」と仰るのは、「勝てる確率の高い行動を取る」というような意味ですか?

だとしますと、まさにその通りです!

ですが、まだそこまでお話してないのに、呑み込み良すぎです~~。
ヽ(^o^)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル分析入門(1):

« 教わりました『ブログ村』 | トップページ | テクニカル分析入門(2) »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村