御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« テクニカル分析入門(1) | トップページ | 私もまた私らしく »

2008年8月20日 (水)

テクニカル分析入門(2)

復習ですが、トレードの目的はお金を稼ぐことで、トレードの核心は「値動きを見極めること」でした。

今回はこの辺りから少し具体的な話をしてみます。

トレードといっても色々な品目があります。

一番ポピュラーなのは株式でしょうか。
それ以外ですと、日経225などの指数先物、穀物や原油・金属などの現物先物、FX(外国為替証拠金取引)などを良く目に(あるいは耳に)されるのではないでしょうか。
最近ですと証券CFD取引なんてものも人気が出始めています。
(念のため申し上げますが、上の一文、理解できる必要は全くありません)

実はこの中にあって、株式は案外特殊な存在です。
より正確に言うと特殊なのは本来他のものたちで、株式はこの中にあって基本形の取引なのです。

何のことかわかりませんよね?
これから説明しますね。

『何かを安く買って、それを高く売る』

これこそがトレードの基本形です。

株式取引の場合は、株がその『何か』に当たるわけです。

『株を安く買って高く売る』ことにより収益を得るわけですね。
つまり、『これから株価があがるな』と思えば買って持っておけば良いことになります。

これこそがトレードの基本形です。

ここまではよろしいでしょうか。

さて、基本形があれば応用形もあるわけでして、上に列挙した他のトレード品目はそれぞれ皆『応用形』です。
その『応用形』の第一歩として、ちょっとだけ複雑な話に入りましょう。

『これから株価があがるな』と思うときに株を買って持っているのが基本形でした。では、『これから株価が下がるな』と思った場合は何もできないのでしょうか。

もちろん、保有している株があるなら、それを売却するべきですが、出来ることはそれだけではありません。

たとえ話をしましょう。

Aさんの家に友達Bが遊びに来ることになり、電車で向かっているとします。Aさんは、ふいに駅前のたこ焼きが食べたくり、次のようにメールしました。

「駅前のたこ焼き(350円)を買って来て!こっちに来たときお金払うから」

Bさんももちろん了解してくれました。

この約束は、一般的には『たこ焼きを買って行く約束をした』ということになるでしょうが、この約束をより細かく解説すると、次のような約束をしたことになります。

(1)Bさんは駅前のたこ焼きを350円で買う(仕入れ)
(2)BさんはAさんに350円でたこ焼きを売る(販売)

あまり日常生活の中で(2)のような表現はしませんが、本質的には間違いなくその通りであることはおわかりいただけると思います。

さて、ここで(1)と(2)のどちらがこの約束の本題でしょうか。

言うまでもなく(2)ですよね。(1)だけですと、Aさんの手元にたこ焼きは届かないのですから。

つまり、この約束の核心だけを抜き出すと次の契約だということになるでしょう。

・BはA宅を訪問時、Aに350円でたこ焼きを売る

さらに考えてみますと、(1)の部分は色々とどうでも良い部分を含んでいることがわかります。例えば商品が全く同じであれば、駅前で買おうとどうしようとAさんにとってはどうでも良いことでしょう。さらに言えば、Bさんが購入する際にたこ焼きが500円であろうと1000円であろうと、350円で売って貰えるなら、Aさんにしてみれば何も変わりません。

ではここで、Bさんが購入する際にたまたまタイムセールをしていて300円で売っていたとしましょう。まー、普通ですと「セールしてたよー」と正直に話して、Aさんから300円受け取ることになるのでしょうが、Aさんと交わした契約をそのまま履行しますと、Bさんは350円受取り、50円分得をすることになります。

ここまでいいですよね。

さて、またまたBさんがAさんの家に遊びに行くことになりました。時間も丁度同じ頃です。
Bさんはふと前回のことを思い出し、「そろそろたこ焼きの値段が下がる頃だな」と予想しました。
そこで、Aさんに次のメールを出してみました。

「今日も駅前の350円のたこ焼き買っていこうか?」

Aさんからも「お願い!」と大喜びのメールが来ました。

駅を出てみますと、やはりタイムセールの最中でBさんは首尾よく300円でたこ焼きを仕入れ、またまた50円儲けてしまいました。

Bさんの人間性の問題はさておいて、ここで大切なのは『値が下がる』という予測から利益を生み出している点です。

ポイントを整理します。

(a)たこ焼きの値が下がることを予測する
(b)その上で、現在価格(350円)でたこ焼きを売る契約をする
(c)予測通り値の落ちたたこ焼き(300円)を購入する
(d)契約通り(b)の際の価格(350円)で販売する

実は株式でもこれと同じことが出来るのです。

(a)株価が下がることを予測する
(b)その上で、現在価格で株を売る契約をする
(c)予測通り値の落ちた株を購入する
(d)契約通り(b)の際の価格で販売する

理屈は「たこ焼き」の話と全く同じですね。
つまり、『これから株価が下がるな』と思った場合はこの手法を用いればよいわけです。

株式の場合、現実にはもうちょっと複雑な手順を踏みますが、その複雑な部分は次回に説明しますので、ここではあまり気にせず、「たこ焼きの話と同じ理屈で、株価が下がると予想した場合にも稼げるのだ」ということを、まずしっかり覚えておいて下さい。

この『下がる時に稼ぐ』手法が理解できれば、先物やFX(これも一種の先物です)の仕組みもスンナリ理解できます。

今日はここまでご理解いただければ完璧ですが、セールを予測してたこ焼きで稼ぐ話までを理解していれば十分に合格です。

次回はこの話をもう少し発展させて、『カラ売り』『信用取引』という用語の説明と『先物取引』というもの仕組みの説明をしようと思っています。

今日のまとめはこんなところでしょう。

  1. 「安く買って・高く売る」がトレードの基本
  2. 値下がりを予測して「高く売って・安く買う」ことも出来る

GOODJOB

« テクニカル分析入門(1) | トップページ | 私もまた私らしく »

コメント

おはよ~
この辺までの話は分かるけどねぇ~( ̄▽ ̄)ゞ
問題はその後からの話かな?
びゃははは (≧ω≦)b
その後からの講座楽しみにしてるからねぇ~

こんにちは。
たこ焼きの例えはわかりやすかったです!
ここまではまだついて行けますよ
次回楽しみに待ってます。

なるほど~・・・。
じゃ~この契約~販売までの時間
というか・・・期間?がどれくらいの
猶予があるのかっ感じですね!
今回はたこ焼きだから、すぐ買ってきて
A子さんに渡せたけど、株とかって
ルールがありそうですね~~。

皆 良く解るな~・・・ 半分くらいは何となく解りますが  

       ありがとう御座います♪ 

初めまして、こんばんは^^
分かりやすいです。たとえがたこ焼きとは!
『先読み』ができるようになりたいですね。
何事も、ある程度『先読み』が出来れば、
うまく立ち回れるのに・・・
FXは『流れに乗ること』らしいですが、
その流れに乗るのも難しい・・・

ともたん

急に難しくならないように、ゆるやかな階段を昇るような形で進めたいと思ってます

ニコさん

ご理解いただけて何よりですヽ(^o^)ノ
わからなくなったらなんでも質問して下さいねー。

こっこ3

こっこ3は相変わらず鋭い!^^;
ひょっとしてトレードのご経験ありますか?

雄ちゃん

わからない部分をぜひご質問ください!
頑張って説明させていただきます

やっちゃん

良くご存じですね
トレードの一つの極意は『流れに乗ること』とされています。
その『流れ』のことをトレンドといったりします。

応援ありがとう コツコツ頑張りますね 今夜は夜遊びです♪

こんばんわ!
いや~全然ないです!
会社の上司がよくそんな話を
してたな~くらいです。
しかも一方的だったもので
言ってる事は「ふ~んw」
くらいにしか思ってませんでしたねぇ。
でも・・・ちょっと気になってたw

コメント書いたつもりが・・・
読み逃げしてたヶラ((´∀`*))ヶラ((*´∀`))ヶラ

これはなんとなくわかったw
飲み込み悪すぎ?凹〇コテッ

雄ちゃん

はーい。何なりと質問してください。
答えられるかどうかわからないけど^^;

こっこ3

耳学問ってやつですかねヽ(^o^)ノ
なんだかエッセンスを押さえておられるようでびっくりです。

美鈴

何となくで十分です。
やっぱり前回は無駄に用語を使った私の失敗でした。

読み返して見て、とっても反省してます・・・というよりも、勉強になりました^^
感謝してます。
ヽ(^o^)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル分析入門(2):

« テクニカル分析入門(1) | トップページ | 私もまた私らしく »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村