御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« ブログタイムズ始めました | トップページ | 続・お客様満足度って何なのよ »

2008年9月14日 (日)

お客様満足度って何なのよ

最近、保険や携帯キャリアのCMでしばしば耳にする『お客様満足度No.1』のフレーズ。

あれって、一体どうやって調べているのでしょうかね?ヽ(^o^;)ノ

一応大企業のことだから、聞かれた時に提出できる資料ぐらいは揃えているのかもしれませが、どう考えてもフェアなアンケートが背景にあるとは思えません。

あのフレーズを見聞きした消費者って一般的にどう感じているものなのか知りたい気がします。
案外『お客様満足度No.1』は『視聴者好感度ワースト1』だったりしないのかしらんヽ(^o^;)ノ

少なくとも私はそんなフレーズを平気で垂れ流している企業って胡散臭く思えてなりません。

提供している商品やサービスが良いと思うなら、堂々と主張すれば良いですし、もし本当に『お客様満足度』などというものを提示したいのならば、次のような手順でアンケートを取る必要があるでしょう。

(1)第三者機関に、いつ・どこで・どのようなアンケートを実施するか予め伝え、実施終了後、いかなる結果に終った場合でも公表する契約を結ぶ。
(2)(1)に伝えた通りの場所・時刻・内容でアンケート調査を実施し、その様子をノーカットで撮影する。
(3)集計結果とともに、アンケート実施の一部始終を収めたビデオもWeb上で公開する。

もし、ここまでして、『お客様満足度』というフレーズを用いているのなら、それはある程度(それでも「ある程度」です)信憑性もあろうってもんですが、調査方法も示さずに勝手に言うだけの『お客様満足度』なんて、言えば言うだけ企業イメージを悪化させるだけなんじゃないのかねぇ。

ありもしない支持をあることにするといえば、『国民は〇〇の点に失望しているわけですが・・・』などど勝手にほざくジャーナリストや政党なんかもありますが、どちらもやればやるだけ自らの価値を貶めることに気づくべきだと思うなー。

あ、そういえば私のこのブログは『お客様満足度No.1』に選ばれましたからね。
ヽ(^o^)ノ(嘘)

« ブログタイムズ始めました | トップページ | 続・お客様満足度って何なのよ »

コメント

まったく同感です…。

面白くないお笑い番組に入る”笑い声効果音”と同じにすぎない。

あー、確かに「お客様満足度ナンバー1」な企業さん数社と何度かお話ししたりお仕事したりしたことはあったのですが、「どこがやねん!」という方々は多いですね〜(・Θ・;)
もちろん、そうじゃない方々もいらっしゃいますけど。

でも、そういうのって実は大きな大きな大手といえば!なあの2強会社さんに操作されてたり押し込まれたりしてしますし、けっきょく世の中こんなものなのね〜なんて傍観していたりします。ほほほ。

と、いうわけでなんとかコメントできるとこまで回復しました(〃・ω・)ゞ
ちなみに、ストーキングとかではないですよ♪ちょっとした行き違いみたいなもんでトラウマになっちゃったみたいな感じです。

応援ポチ(σ・∀・)σっとして帰ります!
ではでは〜。

じぇ~ん♂さん

>あ、そういえば私のこのブログは『お客様満足度No.1』に選ばれましたからね。

この部分に同感なのですね!ヽ(^o^)ノ

takaさん

確かに共通する虚しさあるねーヽ(^o^)ノ

うにこさん

マスメディア系は結局そんなもんですねー。

その点、ブログは自由でいいですヽ(^o^)ノ

そうだよねぇ~!
お客様満足度NO1って一体どこから?
って感じだね~!
とか言ってそういう言葉に騙されそうなともたんではあるけどね!びゃははは (≧ω≦)b

『私のこのブログは『お客様満足度No.1』に選ばれましたからね』
え~!そうなの?
いつ調べたの~?
知らなかったよ~!
( ^-^)o<※・.:*:°☆。(〃∇〃)ゞ°★。:*:.・※>o(^-^ )おめでとう!

確かにどうやって調べてどんな結果だったのかわからないねw
うちらの仕事でもアンケートはあるのよw
毎回とかではないんだけどねメーカーからお客様にアンケート用紙送られて作業態度とかいろいろねそれがメーカーで集計されてFAX等で知らされるみたいなのはあるよw
でも、すべてのお客さんに実践してるわけじゃないから「満足度」みたいにしては発表したりはないけどねw

CMの半分は信じないようにしてます(笑)
まぁ~そこにこのお客様満足度も当然
入っちゃいますよねぇ!!
ちゃんと目に見える基準と方法で
格付けして欲しいです。
こういうCM流されれば流されるほど
お客様不快感度が上がっちゃいますw

ともたん

ありがとーヽ(^o^)ノ
皆様に満足していただけてうれしいです!(笑)

美鈴

この際ぜひ『お客様満足度No.1』の看板を
ヽ(^o^)ノ
営業成績落ちたりして^^;

こっこ3

やっぱそう思いますよねーヽ(^o^)ノ

実はみんながあのフレーズに疑問を持っていて、見るたびに『お客様不快感度』を募らせているのかと思ったら、案外そうでもなかったようなのですよ。

その辺りのことを次の記事にしようかと思ってます。

w( ̄△ ̄;)wおおっ!
本当ですか~・・・!
是非次の記事を楽しみにしてますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様満足度って何なのよ:

« ブログタイムズ始めました | トップページ | 続・お客様満足度って何なのよ »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村