御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« ODOROKI LAWSON Press Partyに参加しました | トップページ | 名探偵の特別保護国ニッポン »

2009年8月16日 (日)

ブロガーに出来ること

何だか、『過去記事を引きずり出して補足』という形式の記事を書くのが好きになってきた。

そもそも伝えたいことがあるから書いているのだし、何度も同じことを書くよりは、書いた記事を紹介して、訂正したり補足したりして練り上げて行く方針が、ブログというメディアを活かした議論の展開方法として適切だと思うからだ。

今回は今年4月に書いた「金のかからない選挙」を例にとった派生記事。

 ・   ・   ・   ・

例えば、この「金のかかならい選挙」のような記事を書いて、わずかな方にでも御共感いただければ、一ブロガーとしては十分に満足だ。

しかし、もし、その声がもっと多くの方の御共感・御賛同を得られるものであるならば、その力をもっと具体的な形にして示し、いくらかでも国の在り方を変える力にまとめあげることは出来ないものだろうかというのが今回のテーマ。

こんな形を考えてみた。

まず、主張内容をブログ記事にまとめる。
今回は「金のかからない選挙」
を例にとるが、これはどんな主張であってもかまわない。

次に記事における主張をもとに、自らが取る具体的な行動方針を宣言する。今回の例だと、例えば次のようなものだ。

私は○○年以降の選挙において、政党ホームページまたは政治家の個人ホームページにてマニフェストを公開していない候補・政党には投票しません。また、街宣車・ポスター等、マニフェスト公開以外の選挙活動を行った候補または政党にも投票しません。

それから専用のバナーを用意する。

このバナーをクリックすると、上の行動指針とブログ記事へのリンクが表示される。
そして、このバナーの「お持ち帰り用」のタグも用意しておいて、賛同して下さった方がブログに自由に貼れるようにするのだ。

さらには、賛同者が書いて下さった応援記事へのリンクも、バナーをクリックしてくれた際に表示できればなお良いだろう。


・・・さて、この仕組みがうまく機能して、多くの賛同者が出たとしよう。

引き続き、「金のかからない選挙」の話を例に取って考えよう。

配布タグの作り方を工夫すれば、サーバー側で何人の方がこのバナーをブログに貼っているのか、すぐにわかる。
例えば10万人の方がこのバナーを貼っているなら、それはすなわち賛同者の数だ。

もちろん、厳密には一人で複数ブログに貼る方もおられるので、これよりも少ないだろうし、未成年の方もおられるだろうから、有権者の数はもっと少ないだろう。

しかし、候補から見れば、この数字は非常に重い。

街宣車で名乗りをあげた途端に、ポスターを貼った途端に、はっきりと投票しないと宣言しているものが、少なくとも数万人規模で存在しているのだから。

仮に、有権者のうちブログを書いているものが1割に満たないとするならば、あるいはこの10倍、つまり数十万人~百万人規模の方が同じ行動をとるかもしれないのだ。

このような状況下で果たしてどれだけの候補が選挙に余計な金をかけることができるだろう。


・・・果たして、本当にこのようにうまく進むのかどうか、私には良くわからない。

でも、非現実的だと切り捨てる程ひどいものでもないような気がするし、もし、この構想が実現できれば、法の改正など待たずとも、選挙に余計な金がかかる現状は解消できるはずだ。


日本は市民革命を経て民主主義を実現した国ではない。

だから、国家のシステムは確かに民主主義的なものであるにも関わらず、実際には民主が実現し得ない構造を慣習的に(あるいは意図的に)持ち続けている。

ベルリンの壁を打ち破ったのは実はインターネット上を自由に飛び交う情報であったと言う。
中国ではそれを恐れてインターネット上にも検閲を受けてフィルタリングされた情報しか流れていないらしい。

しかし、不完全な民主主義しか実現し得ていないとは言え、少なくとも日本では自由に情報のやり取りができるのだ。

ブログ文化を通して、静かな市民革命が起きるといいなと私はちょっとワクワクしてしまう。

実際には衆愚政治化して、色々後退してしまうのかもしれないけれど、それを経て、国民が自覚的に見識を持とうとするようにならない限り、結局のところうまくいくわけなどないのだから。

« ODOROKI LAWSON Press Partyに参加しました | トップページ | 名探偵の特別保護国ニッポン »

コメント

>日本は市民革命を経て民主主義を実現した国ではない。

なるほど、ですね・・・。その発想は暫く忘れ
てましたね。
外から与えられて、まるでブログパーツの
ようにはめ込まれたシステムが、今の日本
を窮屈なものにしてしまっているのかもしれ
ませんね。

実は私も最近同じようなことを考えておりました。
TVや印刷物メディアではなんらかの圧力・規制で
消されている事実をもネットでは知りうることが
出来ます。でも知ろうとしない限りネットをしていても
気付くことはないわけで…影響力あるブロガーの
働きや協力で何かが変わるかもしれません。

こんばんは~

なるほどなるほど・・・
過去記事から読ませていただきました。
確かに、一理ありますね~
うちが住んでいる地域なんて、選挙カーが
だーって走り去っていくだけなので、何言ってるかさっぱりわかりませんし(笑)

先日「硫黄島からの手紙」を見て、
考え込む機会を貰いました。
日本も北朝鮮のように、万歳三唱の時代があり、
しかもそれほど遠い昔でもない。
与えられた民主主義だとしても、
与えられなかったらどうなるか、それが怖い。
与えられた民主主義から国民レベルの民主主義まで、
今はまだその過渡期にあるでしょうか。
国民の政治に対する自覚には、
政治を知る、政治を語る、冷静な議論の場が、
常にそこら中になければならないと思うが、
いま身の回りを見回しても、
そんな場がまだまだ少ないです。

凄い構想ですね^^

でも近い将来に実現可能な構想でもあります^^

ブログを書くようになり、皆さんのブログからも色々学ばせて頂き、ブログの可能性をすご~く感じている今日この頃です^^

sunのんきさん

ブログパーツを作成して配布している私といたしましては、その例えはちょっと寂しいですが・・・^^;

でもそうですね。
民主主義は市民の意識の中から生まれなければ達成し得ないシステムなんだと思います。

sun猫草さん

変わると楽しいですよねヽ(^o^)ノ
この構想を実現するためのブログパーツでも作ろうかなぁ。

sunおっこさん

私、選挙カーで名前を連呼している候補には基本的に投票しないことにしてます^^;

ただ、白票を投じるのは投票行為ではないと考えていますので、結果的に「基本」に反した投票をすることもあります^^;

sunデンデンママさん

うちの息子たちを見ていて思うのですが、実は若い世代は案外健全な危機感をもっているように感じるのです。
仰る通り過渡期にあるのだと思いますねー。
ヽ(^o^)ノ

sunmimimamaさん

実現させたいですヽ(^o^)ノ

本当に作ろうかなぁ、そのためのブログパーツ。

面白いですね。
加えてマニフェストの実現渡合をチェックできれば、
大きな失敗も次に繋げることができそうです。
プラン・ドゥ・チェックが成されてないから、
無駄な右往左往に
時間とお金が浪費されてると思うのです〜。
実験、もしされるならおつくあいさせてください〜。

sunぴんくまさん

コメントありがとーヽ(^o^)ノ

ですね。
マニフェストの実現度合いのチェックもきちんとして、場合によってはリコール運動までしてしまえば、なかなか民主主義らしい国になって来るのではないかと思います。

今回の選挙に間に合わないので、今一つ気合いが入りませんが、この構想そのものは実現したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512895/45734881

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーに出来ること:

« ODOROKI LAWSON Press Partyに参加しました | トップページ | 名探偵の特別保護国ニッポン »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村