御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!

Books

  • マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    マーク・ダグラス: ゾーン — 相場心理学入門

    裁量トレードをしておられる方にはぜひお読みいただきたい本だ。

    負けトレードを経験したことのある方は、チャンスがそこにあっても怯えからポジションを持つことができなくなってしまう。さらに、「ああポジションを持っていれば勝っていたのに」という思いから、間違ったタイミングで不利なポジションを持ってしまう。

    このような負の連鎖を断ち切るのは非常に困難なことなのだが、なぜそれが困難でどうすれば克服できるのか詳細に記してある。

    トレーダー必読の書。

    (★★★★★)

  • イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック): 実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123)

    この書籍をしっかり理解してトレードに臨めば、かなりの確率で勝利を手にすることができるだろう。

    解説されるメソッドは著者独自のもの(テクニカル分析の手法を応用している部分もあるが)であり、他に類を見ない。

    氏の手法をシステム化して運用してみているが、非常に安定して勝ち続けている。

    必見です!

    (★★★★★)

  • トゥーシャー  シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    トゥーシャー シャンデ: 売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

    かなり本格的なトレーディング・システムの入門書。

    トレードに関する限り、本屋で平積みにされている日本人の著した書籍は概して(もちろん例外はある)役に立たないように感じている。

    システムトレードを学ぶのであれば、まずはこのシャンデの著作あたりをしっかりと読むべきだと思う。

    いかに、情報商材として売られているトレード手法がちゃちでいかがわしいものかわかるようになるだろう。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    若桜木 虔: 「速読」で頭がよくなるすごい勉強法 (プレイブックス 887) (プレイブックス 887)

    著者の「小説新人賞の傾向と対策」が良書だったため芋づる購入。

    速読に関する他のノウハウをかじったことのある方も一読をおすすめする。氏の書籍の特徴なのだろうか、こちらも極めて実践的な内容である。

    (★★★★)

  • 若桜木 虔: 小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

    小説新人賞を狙う者にとってはまさにバイブルだ。

    例え現役作家が舌を巻く実力をお持ちでも、ここを押さえておかなければ受賞できないという急所を的確に指摘している。

    (★★★★)
  • 有川 浩: 阪急電車

    有川 浩: 阪急電車



    だれかのブログで見かけて買った恋愛小説。 未読であるため評価は未だできない。

    私は鉄道には興味ないのだが、この小説の部隊になっている阪急電車今津線が私の青春時代の思い出の地であるため衝動買いしてしまった。

別館『それはつまりブログパーツ』へ→

« 風評被害(2) | トップページ | PR TIMESから時代の息使いを感じた »

2011年3月28日 (月)

東電は何をしているのか

東京電力がタービン建屋内で29億ベクレルもの放射性物質を含む汚染水が見つかったと発表した後、これは誤りであって、ヨウ素134とコバルト56を取り違えていたらしいと発表したかと思えば、実はコバルト56ではなくセシウムだったと再訂正した。

それも、自ら誤りに気付いたという話でもなく、不審点が多いことから、原子力安全委員会の再分析要請があって、はじめて誤りに気付いたということだ。

他にも作業員が放射線測定器のアラートを無視して作業を続行して被爆するなど、とてもとても専門家とは思えない失態ばかりが目につく。

そういえば、インタビュアーに対してこんなことを述べていた東電職員がいた。

「安全だと聞いていた。会社(東電)に裏切られた思いだ」

これらを考え合わせると、実はこう考えるのが正解なのではないか、

「現場には専門家はおらず、東電に『安全な職場ですよ』」と騙されて雇われた現地職員がいるだけである」と。


そう考えれば、「400箇所にも登る点検漏れが見つかった」という話も合点が行く。

他でもない原子力発電所の点検なのだ。
点検漏れは、作業員にとってはすぐさま自らの命に関わる問題であるはずだ。

しかし、安全だと信じていたなら、点検の重要性が理解できないはずだし、そもそも「安全だ」と主張している会社の立場で、職員に対して点検の重要性を強調することなどできるはずもないではないか。

「騙されて」雇われている作業員なのだから、放射線に関しても素人だろう。

素人だから、警報を無視するし、流出物の検査もまともにできない・・・そういうことではないのか。

考えてみれば、放射線に関して正しい知識とノウハウを持った職員は理系の高学歴のいわゆる「エリート」だ。

そんなエリートは危険な現場に出向くはずもなく、現地で騙されて雇用された素人集団が電話等で指示されながら、検査をしているようなそんな状況だと考えれば、東電のグダグダぶりも合点が行くというものだ。


全部私の憶測だけどね^^;

でも、そうとでも考えなければ、あまりにもあまりにもあり得ない状況ではないだろうか。

« 風評被害(2) | トップページ | PR TIMESから時代の息使いを感じた »

コメント

そうですね。

わたしが、ネット検索をしないでブログ記事にしてしまった「平井憲夫さんの原発がどんなものか知ってほしい」も信憑性がありそうに思えてしまうんです。過去にデマとされた記述なのですが、、

丁度、作業員が病院に運ばれた時期でした。長靴も履かないで水たまりで作業するなんて、考えられないですよね。

sunいるかちゃん

http://bit.ly/gQRTVW ですね。

私も読みました。
放射線に関する記述には、明らかな間違いがあるものの、現場の作業に関する記述には作り事とは思えないリアリティを感じます。

それに、仰る通り、今回の東電の現場作業員(といっても、実態は東電の下請け会社の現場作業員という話ですね)のグダグダぶりは、まっすぐ平井氏の手記に繋がっているように思えてなりませんよね。

結局 http://bit.ly/i4BH5E に書かれている通り、平井氏の真実の講演が下敷きにあって、氏の逝去後、感情的な反原発運動家が尾ひれを付け加えた文書だと受け取るのが一番合理的に思えます。

とにかく現場の細々とした有り様については、リアルなのだと感じますね。

おはようございます♪

この憶測…どうも…当たっているようです…
私は、いつもご訪問をさせて頂いているブロガーさんから、
原発ジプシーと言う存在を教えて頂きました…
原発銀座と言うドキュメンタリーもあり…
25分間の動画に… 言葉も出ないほどです…
こうした方々の命の犠牲の元に…
今の原発があるかと思うと…
本当に、原発をなくしていかなくてはならないと…
今は、この震災で原発に対して、
多くの方が、異議を持ち始めました…
良いチャンスだと思っています♪

東電はあっちでもこっちでも安全ってウソばっか言っているわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512895/51235630

この記事へのトラックバック一覧です: 東電は何をしているのか:

« 風評被害(2) | トップページ | PR TIMESから時代の息使いを感じた »

フォト



ブログで副収入を得たい方はよろしければ登録して下さい。
もちろん登録は無料です。
詳しくはそれぞれのバナーをクリックして説明をご覧ください
アフィリエイト
アクセストレードレビュー

おきてがみ
おきてがみ
cols=25 rows=10 width=130 padding=3 bg=#ccf fg=#ffe color=#000
にほんブログ村