御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!
footmark
おきてがみ
新規登録手順
1 おきてがみ登録サイトを開く
 
2 「おきてがみ登録開始(無料)」から登録してタグを取得
 
3 タグをブログに貼り付ける
タグの貼り付け方がわからない場合は こちらを参照
 
4 ブログに表示されたおきてがみバナーをクリックしてログイン

←本館『それはつまり思いつき』へ
<< 広告 >>
 

« twitter始めました。皆様もいかが? | トップページ | おきてがみ有償オプションの御案内(加筆修正版) »

2010年4月23日 (金)

「ことづて」の一部制限につきまして

「お知らせ」にも書きましたが、この度、「ことづて」につきまして、若干の制限を設けさせていただきました。

この対応につきまして、私のところには賛同のお声しか寄せられておりませんので、概ねユーザーの皆様に好意的に受け止められているのでしょう。

とは申しましても、批判的な御意見をお持ちの場合はなかなか仰りにくいという側面もあるのではないかと想像いたしております。

そのようなお声もぜひお聞かせ願いたいと思います(よろしければ、この記事にコメントして下さいね)が、今回の対応につきまして私の考える「おきてがみ」のあり方も含めて、少しだけ補足させていただきます。

まず、「ちゃぶ台をひっくり返す」ようなお話になりますが、基本的に「おきてがみ」におけるコミュニケーションは出来るだけ自由なものであって欲しいと願っています。

とりわけ、「ことづて」に関しましては、やんわりとした「3カ条」を掲げてはいますが、これはあくまでも「理念」をうたったものであり、特に強制力を持つものではありません。

何せ「ことづて」の内容は完全に「私信扱い」にいたしておりますので、御覧になれるのは「送信者」と「受信者」のみで、開発者の私にもそこに何が書かれているのかわかりません。

内容がわからないのですから、何をお書きになっても規制のしようがないのです。

とはいえ、「何を書いても良い」というわけではないのは、御理解いただけると思います。極端な話、犯罪の相談などをして良いわけなどあろうはずもございません。

そのうよな法規に触れる行為は客観的に誰が見てもNGなわけですが、もっともっと個々人レベルで見た場合、何がNGで何がOKかは、実は、「送信者」と「受信者」の組み合わせ毎に決まるものです。

例えば、AさんがBさんに送って全く問題のない内容であっても、Cさんに送った場合にはと大いに差し障りがあることもあるでしょう。

つまるところ、相手の方一人一人を思いやって「ことづて」を発信するのであれば、内容なんて何だって良いのです(もちろん、法や規則に触れるものは駄目ですけれど)。


私のところに寄せられる「ことづて」に関する苦情は、この部分をおろそかになさっている(と思われる)方の「ことづて」に関するものが殆どです。

つまり、相手一人一人を見もせずに、機械的に同じメッセージを誰彼かまわず送信しているとしか思えない「ことづて」を送りつけられた場合に不快にお感じになる方が非常に多いのです。


「ことづて」の内容を規制するつもりはありませんが、「ことづて」は一人対一人のメーッセージを送るものであることは揺らぎません。つまり、言ってみれば電話でお話しているようなイメージです。

しかし、相手を知っていようといまいと、同じ内容を貼り付けて次々に送信する行為は、電話ではなく、拡声器で大勢に対してメッセージを発信する行為であり、私信である「ことづて」の本義ではありません。

この「拡声器型」のメッセージ送信をなさる方の目的は、おそらくより多くの方にブログに来ていただくことにあるのだと思います。

しかし、ここでぜひ御理解いただきたいのは、「おきてがみ」ユーザの9割以上の方は、「訪問先一覧」から皆様のブログを訪問しているということです。

つまり、集客だけが目的ならば、「おきてがみ」のバナーをクリックしてまわるだけで十分なのです。

「バナーをクリックしてまわるだけ」も「そのついでにコピペのことづてを送る」もどちらも機械的で、相手を見ていない行為であり得ます(もちろん、そうじゃない場合だってあるでしょう)。

しかし、同じ機械的な行為でも、前者は訪問先一覧にのるだけですが、後者にはほぼ無意味な「ことづて」を相手の方に押しつけてしまうという問題点があるのです。

実際のところ、私のところに明らかにこの「拡声器型」と思われるコピペ「ことづて」が送られて来ることは非常に稀です。
常にお一人かお二人程度はおられますが、大変申し訳ないことに、私自身が「おきてがみ」の開発とサポートに時間がとられ過ぎて、思うように皆様のブログを巡回できていないこともあり、コピペ系の方は自然にお越しにならなくなります。

しかしながら、コピペの「ことづて」が送られて来ることについての苦情は少なからず寄せられます。

「コピペだと思われるメッセージを毎日送りつけられて、ちょっと不愉快なのですが・・・」のような内容の御相談を月に数回以上はいただいております。

不愉快にお感じになった方が全員相談してみえるわけではありませんので、きっともっと多くの方が同じように感じておられるのでしょう。

「基本的に訪問先一覧にでている方のブログは全部訪問していますが、コピペことづてを送りつける方のブログは別グループに分けて訪問しないようにしてます」のように明言しておられる方も少なからずおられます。

おそらく、コピペ「ことづて」を送信なさる方の気持ちとしては次のようなものがあるのではないでしょうか。

(1) 「おきてがみ」バナーのクリックだけだけは非礼だ
(2) 一人一人に個別の「ことづて」を送信するのが最も礼儀正しい
(3) コピペの「ことづて」を送信するのは、(2)には劣るけれど(1)よりはマシ

もし、そのように思っておられるのであれば、それは間違いです。
「おきてがみバナーのクリックだけ」は全く非礼ではありませんが、「コピペことづて」につきましては、多くの方が「迷惑」と感じておられる行為なのです。

今回の「ことづて」の制限は、「バナークリックだけよりはマシだろう」と思って、善かれと思って、コピペの「ことづて」を書くことでかえって、不要な摩擦が起きてしまうことをいくらかでも回避しようと思ってのことでもあります。

眠い頭で書いておりまして、ちょっとまとまりに欠ける内容になってしまっているかもしれませんが、以上が今回の制限・制約につきましての補足です。

御意見・御質問など、コメントしていただけますと嬉しいです。


« twitter始めました。皆様もいかが? | トップページ | おきてがみ有償オプションの御案内(加筆修正版) »

コメント

おきてがみを一部の方にしか
公開していない私が言うのもなんですが・・

コピペで応援!ポチは
あまり気分がよくありませんね(-_-;)
そんな事もあって・・・
変身させているのですが(笑;

ことづては
本当に親身になって相談したり
励ましあったりして使っています
昔のBBSより、とても素晴らしい企画で
ブロとも同士で有効に使わせていただいており、とても感謝しています。

どのように変わるのかは
解りませんが、よりよくなる事を
心より応援しています^^

のんきんぐさん
寝る間も惜しんでの開発
頭の下がる想いです。
くれぐれも、お体ご自愛下さいませ★

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512895/48158429

この記事へのトラックバック一覧です: 「ことづて」の一部制限につきまして:

« twitter始めました。皆様もいかが? | トップページ | おきてがみ有償オプションの御案内(加筆修正版) »

フォト

最近の記事


edita.jp【エディタ】



LOGIN にほんブログ村