御訪問ありがとうございます!
おきてがみ(上のバナー)はブログとブログを結びつける楽しいブログパーツです。
ぜひクリックしてみて下さいね!
footmark
おきてがみ
新規登録手順
1 おきてがみ登録サイトを開く
 
2 「おきてがみ登録開始(無料)」から登録してタグを取得
 
3 タグをブログに貼り付ける
タグの貼り付け方がわからない場合は こちらを参照
 
4 ブログに表示されたおきてがみバナーをクリックしてログイン

←本館『それはつまり思いつき』へ
<< 広告 >>
 

« 「おきてがみ」の新タグとちょっと便利な小技のご紹介 | トップページ | 訪問先一覧を使いこなそう »

2011年3月 1日 (火)

ランキングサイトについて

久しぶりにランキングサイトに関する御質問をうけましたので、この件に関する「まとめ」を書いておきます。

はっきり申しまして、こんな話は「おきてがみ」とは無関係なお話なので、取り扱いたくはなかったのですが、一部憶測で誤情報を流しておられる方がおられるようですし、酷いものになりますと、意図的にデマを流しておられる方もいるそうです。

おきてがみユーザーの皆様に安心して御利用いただけるように、一度だけ、この件に関する「まとめ」を書いておくことにいたしました。

以降、私はこの件に言及する気はありません。

もし、「おきてがみ」とランキングに関する誤情報をお聞きになった際等には、この記事を良くお読みいただいて、その情報と私の見解とどちらが正しいのか御自身で御判断下さいませ。

結論1:「おきてがみ」とランキングサイトは無関係です

いきなり結論から書きましたが、「おきてがみ」はランキングサイトとはそもそも無縁のツールです。従いまして、「おきてがみ」を使っているからといって、ランキングサイトからバッシングやペナルティを受けることは絶対にありません。諸コミュニティの名誉のために申し添えますが、これは「あし@」や「エディタ」に関しても同じです。

唯一の例外は、「あし@」や「エディタ」のコミュニティで堂々と「相互クリック」をうたったグループに所属している場合ですが、これは説明不要ですよね。当然のことだと思います。自らのブログに堂々と相互クリックをうながす文言を書いている場合もこれと同様です。

結論2:ランキングサイトの意義を真剣に考えよう

相手の立場にたって、良く考えてみて下さい。ランキングサイトさんの望みは、ランキングが本当に役に立つ意味のあるリストであり続けることです。

少し別の例で説明しておきます。例えば、小説のベストセラーランキングを発表するのは、「いまこんな小説が読まれてますよ。あなたも読んでみませんか?」というメッセージですよね。つまり、読者の便宜のために発表しているわけであり、決して、「あなたのお書きになった小説がベストセラーランキング何位になりましたよ」というような、小説家のモチベーションのためのものでは本来ありません。もちろん、それを小説家が勝手にモチベーションにするのは自由ですけれど。

ブログのランキングも同じことです。「何か面白いブログはないかな」「参考になるブログ記事はないかな」と探す際に、本当に役立つランキングでなければ意味がありません。ランキングバナーのクリックは、その「役に立つランキングリスト」をみんなで協力して作り上げるための行為でなければ困るというのがランキングサイトさんのお立場です。

逆に、ランキングサイトさんが一番嫌うのは、ランキングが無意味なリストになってしまうことです。

ランキングがもし、「私はこんなに頑張って相互クリックしたぜ」というリストになってしまったら、そんなリストは無価値です。これは、ランキングサイトさんだけではなく、ブロガーにとっても多いに困った事態であることを、しっかりと自覚していただきたいと思います。つまり、意味のない無価値なランキングリストからは、まともな訪問者は来ないということです。

私はランキングサイトの運営者ではありませんが、一つのブログコミュニティを育てている立場からいたしまして、本当に真面目な態度でよいランキングリストが得られるように協力してあげて欲しいと心底願います。

ランキングサイトさんの利害とブロガーの利害は基本的には一致しています。さらに言えば、ランキングサイトさんと「おきてがみ」の利害も実は一致しています。問題は全て、ユーザー各位がしっかりとした見識を持って、本当の意味でより良いブログ文化が育つような振る舞いが出来るか否かにかかっています。

最終結論:問題なのは「行為」です

ランキングサイトさんは馬鹿ではありません。「おきてがみ」「エディタ」「あし@」などを使っているからといって、ペナルティの対象にするようなことは絶対になさいません。

逆に、「おきてがみ」「エディタ」「あし@」などを全く使用しておらず、ブックマークなどからだけ相互訪問したとしても、「相互クリック」などの不正行為をしているのなら、それは当然ながら取り締まりの対象になるでしょう。

ランキングに関して、「おきてがみ」ユーザの皆様にくれぐれもお願いしたいのは、次の1点だけです。

ランキングバナーのクリックは、記事を熟読して良い記事だと感じた時だけ行い、それ以外の場合には絶対にクリックしない。

たった1点、これだけをきちんと守りさえすれば、ランキングに関して私から申し上げることは何もありません。

となりますと、逆に「ランキングを向上させる」ための方法も自ずと明らかになります。

良い(と思われる)記事を書くこと。

当たり前ですが、つまるところ、それだけです。ただ、いくら良い記事を書いても、読んで貰えなければ評価もされないわけですが、その部分に関しては「おきてがみ」が強力にサポートできます!

以上ですが、それでもご不安な方のために、一つだけ誰の目にも明らかな事実をお伝えしておきます。

御存じの通り、各種ランキングの上位には実に沢山の「おきてがみ」のユーザーさんが安住し続けています。この方達は、あたふたと騒いで「おきてがみ」を外すようなことはなさいません。不正をしていない自信がおありだからでしょう。また、ランキングサイトさんもそれを正しく評価して下さるからこそ、このユーザーさんたちはランキングを維持し続けられるのです。

「良い記事を書くように努める」 ・・・これはブログ活動の基本であり、これが嫌なら、ランキング云々の前に、そもそもブログ活動をする意味がありません。

「記事を良く読んで、良いと思った時にだけランキング投票する」 ・・・これも、「投票」という行為の意味を考えれば当然でしょう。記事を読みもしないで適当に投票するなんて、ブログの著者に対してもとてもとても失礼な行為だと私は思います。

これらの当たり前のこと当たり前にやっていれば誰にも非難されないという当たり前の結論で締めくくらせていただきます。

« 「おきてがみ」の新タグとちょっと便利な小技のご紹介 | トップページ | 訪問先一覧を使いこなそう »

コメント

はじめまして。おきてがみは数年前に登録させてもらったのもの最近まで放置していたものです。

確かにランキングの上位の人たちは作為的な人が多いように感じられます。(もちろんしっかりとしたブログの人も居ますが)

おきてがみに、そんな噂やデマがあったんですね。

快適に使わせてもらっているので全くそんな事考えたこともなかったです。

大変だと思いますが管理のほうよろしくお願いします。

お世話になります。

管理人さんが仰せになっておられることがもっともだと思います。

記事の一行にも目を通さず、ランキングのINを押してもらって何の意味があろうかと思います。

不正をせずに本当に伝えたい想いや、情報を発信したいと願い、しっかりとした文章をお書きになっていらしても、そのブロガーの方々が日の目を見れないのもこれまた事実。

ブログとは、想いを伝える、また、情報を伝達する重要な媒体であると当方は認識しております。

おきてがみさんと、ランキングサイトさんの想いは同じなのだと考えます。
不正は許さないという点において。

現に、おきてがみさんを利用されていらっしゃり、ズルをせずとも高いポイントを取っていらっしゃるブログは沢山ございます。

しかし、応援合戦に興じているブログも少なからず存在致しているのも、また事実。

当方も多数の誘いを受けております。
当然、そんなくだらんブログからの誘いなど全てお断りをしてございます。

ランキングサイトさんが応援合戦ブログを見つける活動をしっかりとして頂き、アカウント削除の厳しい制裁をして頂くことを願ってやみません。

乱文にて失礼致しました。

末筆ながら、貴社益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

いつもお世話になっており、ありがとうございます。
私も以前はランキングに参加していたのですが、
いろいろ考えることがありまして、現在はランキングには参加しておりません。おきてがみは使わせていただいております。ただ、置き手紙に足跡を残された方には原則として訪問しております。

sunたろさん

コメントありがとうございます!

快適にお使いいただけているとのこと、何より嬉しいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

sunケンケンさん

コメントありがとうございます!

「ケンケンさんに」というよりも、お読みいただいている皆さんにお伝えしたいのですが、相互応援目的の方につきましては、訪問先一覧に「訪問しないグループ」を作成して、そちらに振り分けるのが一番だと思います。

もっとも、「おきてがみ」の考え方と致しましては、ランキングやアフィリのクリックなどを目的としない相互訪問(相互応援ではありませんよ!)は奨励しています。

一定機関(30日程度?)相互訪問してみて、今後読みたいブログなのか、今後ともお付き合いを続けたいブロガーさんなのか、しっかり見極めていただき、記事にも興味なく、そのブロガーさんとのお付き合いも深まらないようでしたら、その方につきましても「訪問しないグループ」に振り分けるような流れが望ましいと考えています。

sunたろしろさん

ランキングサイトも正しく使えばとても良いものだと思いますが、もちろんお使いにならないのも一つの選択肢ですよね^^

「おきてがみ」の相互訪問につきましては、上のケンケンさんへのお返事のところに書きました通り、一定期間はやや機械的に訪問して御覧になって、その後、相性などをお考えいただき、その後のお付き合いをどうなさるかお決めいただく流れを奨励させていただいております。

もし、30日過ぎても、お互いに記事も読まない、言葉も交わさない、ただ「おきてがみ」のクリックだけという関係であるならば、それはさすがに清算なさるべきだと思いますので^^

のんきんぐさん、お世話になってます♪
本当に仰る通りで、私もランキングの上位に居てる1人ですが、やはり記事の更新を怠っている時は、置き手紙に足跡が残っていても、ランキングはもちろん落ちてます。

置き手紙を勘違いされているユーザーの方も見受けられますが、私はマイペースに「ブログパーツ」としての置き手紙を有効に活用させてもらってます!!

紹介したブロ友にも理解してもらった上で、設置してもらってます(^o^)

定期的にリストの移動をしながら、負担のないように皆さんの所へお伺いしています。
今後ともステキな出会いを求めて、置き手紙を活用していこうと思ってます☆

sunあかももさん

コメントありがとうございます!^^

リストを絞り込んだり、曜日ごとに振り分けたりして、「訪問する側」も「訪問される側」も、それぞれのご事情に合わせて、ご負担にならない範囲でお使いいただけると嬉しいですね^^

おきてがみを通して、本当に心の通った交流を拡げ・深めて下さると大変嬉しいです。

こんばんは
少し前から置手紙は設置させていただいてましたが使い方を間違ってたような気がします。ブログの記事を書くより他のブログ訪問、ランキングクリックに時間をとられる毎日でした。たった今までは。
訪問していただいたので訪問返ししないと・・・と、かなり負担になってました。ランキングクリックしないと約束違反みたいに記事に書いてるサイトもあったのでプレッシャーでした。
これからはつきあいたいブロガーさんを選んでサイト訪問します。

sunすけこさん

御理解、御賛同いただけて嬉しいです!

ブログ活動をより楽しくするための補助ツールとして「おきてがみ」をお使いいただけますと嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512895/51002349

この記事へのトラックバック一覧です: ランキングサイトについて:

« 「おきてがみ」の新タグとちょっと便利な小技のご紹介 | トップページ | 訪問先一覧を使いこなそう »

フォト

最近の記事


edita.jp【エディタ】



LOGIN にほんブログ村